母の退院大作戦の後↑も、以前と同様に
私が出勤の日はショートステイを利用しながら
一緒に過ごしていましたが、日増しに母の昼夜逆転が酷くなりました。
また入院によりさらに歩行力が弱まって転倒の危険が高くなったので
夜起きている母から目が離せなくなり
かなり暮らしに支障が出る様になってしまいました。

もう少しもう少しと決断を引き延ばしにしていましたが
家族とも相談し、介護施設に入所を決めました。

何軒かケアマネさんから施設を紹介して頂き
訪問して見学させてもらいました。
母を大事にしてもらえるところ、
母が気持ちよく暮らせるところ、
家族がすぐに会いに行けるところを考え
ユニットや部屋、入所している方々やスタッフの方々の様子、
面会についても見聞きして
母にとって一番良いと思う施設に決めました。

家から車で2,3分、自転車でも5分ほどのところにある施設です。

幸いにも、ちょうど空きがあり入所することが出来ました。

面会はコロナやインフルエンザの流行で、
週に1度10分程度と制限はありますが直接対面できます。
兄妹家族や叔母や母のお友達も面会に来てくれています。

母はとても柔和で穏やかな表情でおしゃべりをしてくれます。
みんなのこともちゃんと理解できています。
食欲もあって、毎回母の好物を持って行くととても嬉しそうです。
母の嬉しそうな顔を見ると私も嬉しくなって
とても穏やかな気持ちになれます。


決断できなかったのは、
介護施設に預けることへの不安感や介護を続けられない罪悪感で
一緒に暮らすことが、私が母のためにできる最善の事だと
思っていたからです。

自分自身納得できず、日々葛藤し
もう少しもう少しと先延ばしにしていました。
結果、昼夜逆転してしまった母に、私と同じ生活リズムに合う様に
逆に無理強いさせていたと思います。
今は母の生活リズムで、母らしく過ごせています。

正直言うと、私も寝ないですごく無理をしていました。
あのまま続けていたら、共倒れになっていたかもと思います。
一緒に居られないことに切なくなることはありますが
今にして思えば、お互いのためにもっと早く介護施設に入所を
決めれば良かったなぁと思います。

母が私の家で一緒に過ごすことになってから
単身赴任中の父さんも、遠く離れた大学に居た娘も
帰ってくると母をとても大事にしてくれました。
兄や義姉、伯母叔父叔母もいつも気にかけてくれて
連絡をくれました。感謝です<(_ _)>



今週は母の好きなおいなりさんを持って会いに行きました。
またニコニコ笑顔を見れました(*˘◡˘*)
母_d0249193_20035496.jpg




ブログ村ハッシュタグ"
#つぶやき

#親の介護

#おうちごはん




+:*・゜+.。*゚・*:.。.:+:*・゜+.。*




更新を通知する



訪問して下さり 本当にありがとうございます
ランキングに参加しております

下のいずれかのバナーをクリックして頂きますと
ブログ村のランキングポイントが入ります。
ブログ村にご登録のない方でも
どなたでもクリックして頂くことが出来ます^^

遊びに来たよ~^^♪ いいね!のかわりに
ポチっとして頂けましたら
とても励みになりますヾ(*´∀`*)ノ
どうぞよろしくお願いします<(_ _)>
↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルアンティークインテリアへ


お手数ですが
こちらもよろしくお願いいたします。




にほんブログ村読者登録バナーです

おだやかなとき - にほんブログ村


応援ありがとうございます(^^)






Commented by kobacken at 2023-12-05 12:44
そうだったんですね。
施設に「入れちゃう」って思うと、自分を責めてしまうけど
いまのお母さんが一番安心して暮らせるところに引っ越ししてもらう、それだったら良いんですよね。
我が家もこの一年で本当にいろいろあって、親の老いがこんなに急激に進むとはビックリ。
Sii*さんひとりで面倒みてたら共倒れ!
ケアマネさんと相談されて、良いところが見つかって本当によかったです。
歩いていかれるところ。。。そんな施設がうちの近所にもあったらいいんだけど。
ひとまずお疲れ様でした。
Commented by kokoroyasuragu at 2023-12-05 21:54
H子さん
こんばんは。

温かいお言葉をありがとうございます。嬉しいです。

>いまのお母さんが一番安心して暮らせるところに引っ越ししてもらう、...
たくさんの葛藤はありましたが、本当にその通りだと思います。
母が入所した施設は、母と家族が安心してお任せできるところでした。
ショートステイを利用していた頃は、家と施設を行ったり来たりで
母もしんどかったと思います。今はその頃よりもずっと柔和な表情の
様に感じられて、決断して良かったと思っています。

H子さんのおうちもこの一年で色々あったのですね...
親には元気で楽しく長生きして欲しいですね。
そうなると、私たちも元気でいなければ!!ですよね^^
ますます寒くなりますので、H子さん、ヒロシさん、お母様
どうぞご自愛くださいね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kokoroyasuragu | 2023-12-02 22:13 | 想い | Comments(2)

衣食住+作+遊、暮らしの中の小さなよろこび、幸せさがし


by Sii*
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31